FC2ブログ

綿向山~イハイガ岳へ 樹氷の尾根を歩く

 2012-02-26
2012年2月26日(日) 参加者2名+山仲間2名

大日ヶ岳に山スキーの予定だったが、連日の雨と晴天・ポカポカ陽気を考えるともなか?
なので、久しぶりに雪山へハイキングに変更。山仲間のOさんに声をかけたら珍しく空いているということで参加。Oさんのお誘いでIさんも参加となった。

樹氷の綺麗な山ということで綿向山(1110m)。でもせっかくならと、隣のイハイガ岳まで雪尾根をプチ縦走したら樹氷も綺麗かなぁと…
今日は天気もいまいちなので、きっと静かな山行となるなぁと思ったら、この山はかなりの人気スポットらしく、何パーティも入った。イハイガまで行く酔狂は我々以外は1人だけだったけど…

 多治見6:00=7:40綿向山P7:55~橋8:15~あざみ小屋9:00~9:18五合目小屋9:40~行者コバ9:55~分岐10:18~10:20山頂10:30~ブナの珍変木10:35~11:20イハイガ岳11:25~ブナの珍変木12:35~五合目小屋13:00~13:15あざみ小屋13:45~ヒミズ谷出合小屋14:23~P14:30

001_20120229230353.jpg
 駐車場から川沿いに林道が通っている。空からは雨のような雪のような…テンションは下がってます…

009_20120229230336.jpg
 ヒミズ谷出合小屋の横から橋を渡って山に入る。登山道はだんだん雪がみえ始め、しかも一度溶けたのかカチカチの氷になっているので滑って歩きにくい。

010_20120229230335.jpg
 3合目のあざみ小屋。

011_20120229230335.jpg
 五合目小屋。中はなかなか綺麗。中に入って休憩をした。ここからアイゼンを付けて歩く。

012_20120229230334.jpg
 7合目、行者コバ。地図で確認するとここからは急登。

022_20120229230334.jpg
 エビのシッポがすごく発達している。足下は凍っている上に新雪が…。アイゼンが気持ちよく効く。

024_20120229230334.jpg
 竜王やイハイガへの分岐。ここから山頂はすぐ。

026_20120229230248.jpg
 山頂についた。周りは真っ白で残念ながら展望はまったく…

030_20120229230247.jpg
 山頂の周りの樹氷。

033_20120229230247.jpg
 分岐から細い尾根を歩く。ここも樹氷が綺麗!

034_20120229230246.jpg
 雪が柔らかかったらワカンで…と思っていたが、結構固いのでこのままアイゼンで…

050_20120229230246.jpg
 ブナの珍変木の看板。

035.jpg
 雪の重みで?風のいたずら?

037_20120229230154.jpg
 くぐってみる

039_20120229230154.jpg
 竜王への分岐を分けて、イハイガ岳へ。広い尾根を歩くと、ガスっているので地図とコンパスで確認。

041_20120229230153.jpg
 時々細い稜線を歩く。プチアルプス?
 結構登ったり下ったり…帰りの方が高みへ行くので時間がかかるのもうなずける。

043_20120229230153.jpg
 分岐から1時間。イハイガの山頂に着いた。雪があるせいか、尾根の途中のような狭い所。記念撮影しようとすると稜線からはみ出てしまう
 もし雪が無かったら、薮がうるさい尾根なのかも…このまま先に行けば雨乞岳へ行けるのだ。

048_20120229230152.jpg
 来た尾根を戻る。
 相変わらずの風で、結構強いけどもう3月も近いせいかあまり寒さを感じない。こんなに樹氷が発達しているけど、この姿もあとどれくらいか?

051_20120229230152.jpg
 無事ヒミズ谷出合小屋まで来ました。途中お昼の休憩をイハイガと綿向の間のコルでしただけだったので、登山道にある小屋でゆっくりと思ったら、5合目の小屋は満杯、あざみ小屋でちょうどあいたので休憩。でもすぐ次のパーティがきたので 30分だけして席を譲った。
 こんなに天気が良くないのに、綿向山だけでもたくさんのパーティ。予想外でした。

 イハイガ岳とは「位牌ヶ岳」というそうです。位牌が横たわった形とか?
 良く分からなかったけど、登山者のいない静かな山で、どこを歩くのかとわくわく出来たいい山でした。


タグ :

新年初は天狗岳、激パウ…でもハイキング

 2012-01-04
あけましておめでとうございます。今年も、安全に楽しく山に登るぞ~!

ということで、2012年初の山は、天狗岳に行きました。
天気予報をながめつつ、あまり良くない中で長野方面はなんとかかなぁ…と思い、天狗岳へ…しかし…

2012年1月4日(水) 参加者2名

 渋の湯P8:40~黒百合ヒュッテ11:10~中山峠11:25~黒百合ヒュッテ(休憩)12:20~渋の湯P14:25

011_20120129212037.jpg
 渋の湯に車の登録をし1000円払う。あまり天気は良くないけど、そこそこ登山者はいるもんだ。

014_20120129212036.jpg
 この橋を渡る。男女2人の方はここでアイゼンを付けていた。私達はとりあえず付けずに行く。

023_20120129212036.jpg
 上の分岐。辺りは薄暗く、雪が降ってきた。足元も古い雪から新しい雪に変わってきた。

025_20120129212035.jpg
 黒百合ヒュッテ到着。真っ白の世界になってしまった。

026_20120129212001.jpg
 ヒュッテの寒暖計。マイナス14度…
 ここで、相談
 どこまで行く?
 上ではゴウゴウと風がうなっているよ~
 中山峠まで行って考えようか~
 じゃあ、アイゼン付けないょ~ (すでに山頂はパス…の考え?)

028_20120129212001.jpg
 中山峠への樹林帯。トレースはない。雪で消えたのか?

034.jpg
 中山峠で自分撮り。ちょっと樹林を外れると風がすごい…
 何度も来てる天狗岳、こんな日はパス。

037_20120129212000.jpg
 黒百合ヒュッテで休憩。
 おしるこを注文したら、700円でこんな大きな丼できた。どっさりあんことお餅2個。
 おはぎを3個ほど食べたような…  美味しかったからいいけど、おなかいっぱい
 
038.jpg
 ゆっくりして、また雪の中へ
 ますます降っている。
 新雪がどんどん降って、すぐにトレースは消えて行く。
 
048_20120129211959.jpg
 駐車場に着いた。
 出発の時と大違いで、どっさり積もっていました
タグ :

茨川林道(焼野)~太尾~竜ヶ岳~静が岳西南尾根~焼野周回

 2011-12-18
今年の秋に、茨川村廃村から土倉岳に登りにいった時、林道を歩いている人たちにあった。
聞くと、ここから登った山で道に迷ってビバーグしたのでそれの検証登山だとのこと。
この林道の山側はだいたい切り立った崖か険しい沢なんだが、箇所箇所に緩やかな斜面があって、そこからならこの辺りの山に登れそうだ。
地図で確認すると、竜ヶ岳、静が岳、銚子岳に延びた尾根がある。
いつか行ってみたいなぁ…と思っていた。

今年の12月号の岳人に、なんと!!その尾根の周回コースが紹介されていた。

岳人には日帰りで載っていたが、折角だからテントを持って行こう。
雪でもあったら、池巡りも素敵なんだけど…
と思っていたら、この寒波の襲来!!!

2011年12月17日(土)・18日(日) 参加者2名

 17日 多治見6:30=焼野9:15~長池11:40~太尾12:30~白谷越手前引き返し13:40~長池テン場14:40
 18日 テン場8:10~焼野10:25

桑名から421号を走ると周りの景色がどんどん白くなっていく。
石グレトンネルからこっちはすっかり雪景色。スタットレスにしてて良かった~!(^^)!
025_20111219220614.jpg
 焼野に車を止めて取り付きに行く。
 今日は25000の地図とコンパスが頼りの綱というところ。
 こんなこともあろうかと私は何年ぶりかのスパッツも用意したのに、デイジーは「あ!忘れた~」
 積雪が結構ありそうだけど、大丈夫?

027_20111219220613.jpg
 植林の急登を登りきると、533のピークだ。古語録谷側はすっぱり落ちている。

028.jpg
 しばらく行くと気持ちのいい自然林の林になる。
 雪で重くなった枝をくぐったり、まったく踏み跡のない尾根を歩く。

030_20111219220612.jpg
 古語録谷へ支尾根が延びている。コンパスと25000の地図で確認。

032_20111219220612.jpg
 684ピークから登って来る尾根と合流する。ここからは又川谷を左に大きな尾根を行く。
 
033.jpg
 ブナ・ミズナラが多くなり雪も深くなって、どっぷり雪山だ。

037.jpg
 長池に着いた。池は凍って、雪もかぶり、周りの白い林とで何とも言えない景色。
 こんな所でテントもいいなぁ…

042_20111219220522.jpg
 始めてでこの山行中最後の看板。770のピークだ。
 さてここから、白谷越へ下るのだが、周りは灰色の世界。
 竜ヶ岳を目標にしたいが、みえない。コンパスと地図で確認して進む。

043.jpg
 薮の尾根をまいていく。

045_20111219220521.jpg
 灰色&白の世界。この山は貸し切りだ。

046.jpg
 下るはずがだんだん登っていくので、地図を確認。どうも大きい方の尾根に入ってしまったようで、戻る。

047.jpg
 こちらの細い尾根に入る。

048_20111219220432.jpg
 細くて急な尾根を下る。両側は落ちている。灌木があってザックが当たるが、つかまるのにはありがたい。

049.jpg
 両側から沢が迫ってきて隣の尾根が寄って来た所で、白谷越近くなったか隣の尾根に入り込んだか…
 時間は1時40分。
 周りは相変わらずみえない。
 このまま竜ヶ岳に行けても時間が時間なので戻ろうとデイジーが言う。
 この細い尾根をしばらく戻って、がれ場の所まできたら、ガスが晴れた。
 むこうにみえるのは白谷越のガレ。竜ヶ岳も見えた。

057_20111219220431.jpg
 再び太尾へ。ものすごく残念だけど、このまま白谷越を越えて竜ヶ岳に行ってもテントを張れるセキオノコバまで行くにはまだまだ時間がかかるので、今回は諦めよう。
 あの素敵な長池でテント泊!(^^)!


058_20111219220430.jpg
 翌日。テント撤収。

060_20111219220430.jpg
 竜ヶ岳が顔をみせた。

064.jpg
 どの子のあしあと?昨日の私達が通ったあとに歩いたようだ。

065_20111219220322.jpg
 この子は誰?

066.jpg
 暗い雲と青空。雲の下に竜ヶ岳。

068.jpg
 古語録谷への支尾根の分岐に。だれの落し物?

069_20111219220321.jpg
 これは鹿だよね~

070.jpg
 昨日は無かったもの。落ち葉を蹴散らして、寝床にしたの?それとも食事?
 
074.jpg
 10:25車に着いた。昨日に比べ雪が溶けていた。

帰り道周りの景色はすっかり雪は溶けていた。山の中は雪だったのに。
421号から振り返ってみた竜ヶ岳の奥の静が岳は真っ白だった。その上には黒い雲が乗っていた。

この冬初めての雪山山行。スコップも忘れたし、スパッツや象足を忘れた人もいたし。
でも、素敵なテン場が貸切で、良い山行だった。
また行きたいなぁ~  
今度はしろやしおかあかやしおが咲く頃。その頃なら今回ほど時間がかからず行けるかも。

タグ :

唐松岳~五龍岳 縦走

 2011-05-06
2011年5月4日(水)~6日(金) 参加者2名

5/4 自宅3:40=五竜P7:00=八方山麓駅=八方池山荘9:00~唐松岳頂上山荘13:10(テント設営)14:55~
  唐松岳~テン場15:15
5/5 テン場8:10~五竜山荘テン場13:10(テント設営)13:50~15:00五竜岳~16:25
5/6 テン場7:25~10:15小遠見10:30~アルプス平11:30

4日前に白馬にいたのにまた豊科で降り白馬への道を走っている。今回は山スキーではなく、久しぶりに重いザックを背負い雪稜を歩く縦走だ。5日からは風が収まる予報を信じて、4日に唐松山荘まで上がり、5日は稜線を歩き五龍に登り、6日に遠見尾根を降りる計画だ。
五竜のテレキャビンの駅駐車場に車を停め、タクシーで八方尾根ゴンドラ駅に向かう。
ゴンドラ・リフトを乗り継ぎ山荘から歩きだす。25.5㌔と21㌔の重荷。しかも風が結構吹いている…

20110504八方尾根の雷鳥016 八方尾根の雷鳥

丸山からは風との戦いでへろへろになった。もう疲れた~!!と思ったら山荘に着いた。
ラッキーなことにテントを張る人がまだあまりいなくて、風除けのブロックのある場所を選び放題(*^^)v
一番良い場所をゲットして、テントを設営。もうテントの中が暖かいから山頂は行かない~と思ったけど、気力を奮い立たせ、山頂へ行った。風は相変わらず強く、しかもガスが出てきた何にも見えない~

20110504唐松岳山頂 唐松岳山頂

テントに戻り、今夜のごちそうと焼酎と風の音にまったりと寛いだ。まだまだ人は上がって来る。
まだ明るいけど、眠いし寒いし…なので、5時におやすみ…(-_-)zzz

朝、風が収まっている。予報通りだ。でものんびりの二人は計画書の2時間遅れで出発。

20110505五竜に向けて出発041 五竜に向けて出発

牛首の鎖場をすぎ、トラバースする所が少し悪い。くだりのトラバースで雪はまだ固く、右手斜面は滑ればさよならだ。補助ザイルで確保してもらい終了点まで行ったが、さらにそこから真下へ5m程一部氷化している沢筋を下降する。この狭い場所でアイゼンを付け、後ろ向きで下降した。
つぎに大黒岳の鎖場は最後だけ鎖が氷に埋まっていた。ここはピッケルで打ち込んでアイゼンで蹴り上がる。

20110505大黒岳付近の雷鳥048 大黒岳付近の雷鳥
20110505白岳付近の稜線から眺める剣岳の雄姿 稜線からの剣遠望
20110505稜線の雪庇 稜線の雪庇
20110505白岳付近の落ちる様に降りる 落ちる様にくだる

所々雪がないトラバース道を登り降りして五竜山荘に着いた。
テン場はここもうれしいことに風除けのブロックが組んである。小屋で記名に行ったら、テン場は整備してないのでテン場代は頂きません。とのこと!(来年は分かりませんですって)

20110505五竜テン場の我が家 今夜の我が家

今夜のテン場仲間は3張り。テントを設営して、五竜岳へ出かけた。

20110505五竜へのトレース 五竜へのトレース

テン場から見上げた五竜へのトレースはとても急。だけど、歩いてみるとそれほどでもない。雪稜をガシガシ登る。風が無いのは本当にありがたい。途中で外人さんのスキーヤ―とすれ違うが、どこからきたの?ザックに板を付け、後ろ向きで降りて来る。あとで見たら遠見尾根を滑って降りたようだ。

五竜岳山頂手前の登り 山頂手前
20110505五竜山頂、剣をバックに 山頂にて
20110505五竜からの剣岳 五竜から剣
20110505五竜からの毛勝三山、今度は雪の時行きたい! 毛勝三山、雪の時行きたい!
20110505五竜から鹿島槍 五竜から鹿島槍
20110505五竜から白馬方面 五竜から白馬方面

五竜岳ででっかいカメラを持った方(奥さんに内緒のカメラだって)とお互い撮影しあい、名残惜しいけど山頂を後にした。途中何度か止まり、剣・鹿島槍・毛勝三山・唐松……と眺め、白と黒の世界を満喫…
テン場でビールで乾杯し、後はお決まりコース。あ、今夜は夕焼けを見ました。

20110505五竜テン場で夕焼け

その夜は風が結構吹いた。しかし、最後の日も快晴。相変わらず計画書より1時間半遅れの出発(ヤル気あるんかい)
白岳、西遠見、大遠見と素晴しい眺め!!!

20110506白岳山頂から今日下る遠見尾根 白岳から今日下る遠見尾根

だけど、遠い…暑い…登ったり降りたり…
最後はスキー場をてくてくとテレキャビンの駅まで。
このスキー場の雪はいいねぇ~スキーでいきたいねぇ…といいながら。

タグ :

宝剣岳追悼登山

 2011-04-03
2011年4月3日(日) 参加者3名

宝剣岳 宝剣岳を見る

今年も宝剣岳に行ってきました。3月20日には行けなかったので2週間遅れですが、今日は風もあまりなく穏やかな日で、C沢近くまで行けたので良かったです。

千畳敷ホテル9:30~10:20宝剣山荘手前指導所小屋10:25~10:40C沢手前ピーク10:50~11:20中岳11:25~千畳敷ホテル12:20

今日は連休でも無い普通の日曜日なので登山者も少ない。千畳敷カールを乗越へ向かうのは我々だけだ。積雪は390㎝、雪質は表面がクラストした固め。アイゼンが良く効く。しかし乗越手前はやはり氷化した急斜面。緊張した。
宝剣山荘手前の小屋前で休憩。いつもながら、宝剣山頂へ行くつもりはない。C沢が見える所へ行ければいいけど行けなくてもいい。カリカリの斜面を一つのピークまで行って、ビールを供え、飲んで、お参り。
時間があるので、中岳まで行った。今日は、南アルプスも北アルプスも御嶽も恵那山も素晴しい。
宝剣岳山頂付近に一人、南稜に二人、駒ヶ岳から一人、さらに一人。そして我々。
降りに気付いたが、宝剣から千畳敷への沢沿いにあるデブリが行きより長くなっていた。静かにデブリが大きくなっているのかなぁ…
素晴しい眺めを満喫しつつ、この眺めからの別れに寂しさを感じながら、シリセードで遊んだり、仰向けに寝転んでみたりしてゆっくりホテルへ降りて行った。
タグ :

天狗岳ハイキング

 2011-02-26
2011年2月26日(土)参加者2名

自宅5:25~8:10渋の湯温泉P8:25~高見石途中引き返し9:35~天狗への分岐9:55~11:35黒百合平12:10~東天狗岳13:05~西天狗岳13:25~14:20黒百合平14:40~渋の湯P15:55

先週は天気続きの後雨が降り、大日へスキーの予定だったがメンバーが減ったことと天気のことで中止となった。土曜日は晴れ☀なので、大展望が期待される天狗岳に行くことにした。
なんと!アイゼン使用は去年の5月北アルプスへ行った時以来…雪山トレーニングだよねぇ…

会員への計画書(遭対用)には出発6時としたが、少し早めて5時半出発。(これが後にお役立ちとなった(*^^)v)
渋の湯では、どんどん車が入ってくる。今日は黒百合ヒュッテは大賑わいだね。
奥の鉄の橋を渡り少し進むと5-6人のパーティがアイゼンを付ける為に一固まりになっている。お先に~と追い越す。今は少し歩きにくいけどこのままアイゼン無しで黒百合まで行けるはず。
途中で、?と思うことが後になればやっぱり…と思うのだが、その時はなんの不思議と思わず、どんどんトレースばりばりの雪道を歩いていった。
しかし…1時間歩いても唐沢鉱泉からの分岐に来ないし、景色が開けてきておかしい…、しかも沢を渡っている…
ここで初めて地図で確認。まったく初歩的な間違いをしてしまった。この道は高見石へ行く。高度は2130m。もう少し行ったら高見石へ着いてしまうかも。
でも、周辺の地図を持ってないので、ここは悔しいけど戻ろう。幸い1時間予定より早く出発しているし。と言うことで、飛ぶように引き返した。途中、落としたピッケルのピックもしっかり見つけたのでラッキー!
高見石と天狗との分岐まで来て、さあここから仕切り直し。ちょっぴり急ぎ足で黒百合平へ向かった。
黒百合ヒュッテ前でお昼のラーメン食べていると、ヒュッテ前にある寒暖計が16度を示していると、登山者が話していた。直射日光があたっているからかなぁ…
ここからはアイゼンを付けた。今年の天狗は雪が少ないように思う。昨日新雪が5㎝位降ったようだけど…
貸切の東天狗で自分撮り。風が強い。サッサと西天狗にむかう。鞍部からは風が収まり穏やかな(暖かい!)歩きだ。西天狗へ行く途中で女性とすれ違った。あ、高見石へ行く途中で追い抜いて行った人。向こうから「高見石周りで来た方ですよね?」、「あ、私達は引き返したんです。」、「私もおかしいなぁと思いつつ、行ってしまいました。すごく遠かった~」等々、会話を交わした。あの方も間違えたんだ…
西天狗は絶景!!!う~んん~  素晴しい~ぃ
名残惜しいが、なにせ1時間ロスしているのでそこそこに引き返す。トラバース道を行く途中、木々に雪の華…いつもながら自然の作品には感服する。
黒百合平からはアイゼンを外して滑りを楽しんで歩いた。途中で、どこでどうして間違えたのか…検証。
朝、アイゼンを付ける為にとまったパーティを追い越した場所、そこは右天狗・左高見石の道標が…
パーティで見えなかった…しかし何度も来た天狗岳、気持ちになめている部分があったのかも。
トレースを過信した自分が情けなかったね。いっぱい歩けてトレーニングになりました(@_@;)

東天狗岳にて
天狗岳コルから赤岳方面を望む

タグ :

風越山(吉野から)ハイキング

 2011-02-05
2011年2月5日 参加者2人+他山岳会2人
今日は多治見労山のOさんとSさんに誘われ、風越山にきた。
雪がいっぱいある展望のいい山として大好きな山だ。
しかし登る程に雪はあまりなく、しかも前に歩いた登山道ではなく山腹を巻いて登っていく。
カヤトの所で以前の登山道に合流して、やっとこの辺りから雪がらしくなってきた。山頂・展望所までつぼ足で行き、寒いので風越の頭まで戻って、Oさん持参の豚汁をごちそうになる。暖かくて美味しかった(*^^)v
後は落ちる様に降り、14時には登山口Pに着いていた。
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫