FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

付知川 高時谷

 2014-09-28
2014年9月28日(日)    参加者 ほっちゃんとバンビ

08:30 高時の滝は橋から5m先くらいにある。
今日は寒いので藪を巻いて登り沢に入る。
小滝の連続で気温が高ければ間違いなく直登したであろう滝が続く、しかし、ちべたいのでスルー
850mを過ぎると砂防堰堤とゴーロ帯で時折2,3mの滝があった。
1,000mを超えると水が少なくなり右岸上部に林道らしきが見える。
10:40 1,100m付近で明るく視界が開けた先に6号堰堤が有った。
登る途中、左岸には赤テープの目印が時々あり、その付近は作業道跡か、踏み跡の痕跡が見られ歩きやすいと見られた。
そのため当初は、林道に出て尾根を藪漕ぎで降りる計画だったが、左岸の赤テープを目印に降りた。
踏み跡がわからなくなると沢に入ったりしてテープが有ると踏み跡を辿って降りた。
1,100m付近を11:00に出発して懸垂降下することなく 12:15には駐車場所に着いた。
持って行った50mのロープは使うことが無かった。

928-828.jpg
高時の滝 林道の橋の下に滝壺、橋の上から見上げると落ち口、気温が17℃と低いので、高時の滝はスルー

928-854.jpg
直登可能な小滝の連続、ちべたい(冷たい)のでシャワーの脇を登る。

928-910.jpg
気温が高ければ間違いなくクライムシャワーを楽しむがスルー 

928-1025.jpg
あまりにもバンビがスルーするので我慢できないのか「ほっちゃん」シャワーに挑む

928-1039.jpg
左岸には、沢から2,3mの高さに赤目印テープ

928-1040.jpg
1,100m付近の6号堰堤 

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://alpinekani.blog9.fc2.com/tb.php/269-9a6cb45d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。