FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

安平路山

 2014-08-31
2014年8月31日(日)    参加者 バンビ・クララ・しんちゃん・山仲間のヒメイチゲさんとM子さんとH恵さん

この山に行くにあたって、ものすごく悩んだ。
今回私はリーダーだ。
なにがって、東沢林道の悪路

15年位前に摺古木山に行ったが、あのときはデイジーの運転でパジェロだった。
それでも、うわーって感じだった。

あれから15年…

ネットで調べると最近のでも、レッカーを呼んだとか、なんかいろいろ書いてある。

天気も心配だし、自分の運転も心配だし…

でも、あーもう!行ってみて考えよう!って感じでOKサインが自分の中で出てしまった。
でも、やばいって前に引き返すことにしようって思って…

土岐を5時
東沢林道自然休憩舎に着いたのは7:35
林道の状況は?って?

悪路の更新をしましたね。
溝の深いこと…しかも狭い道に斜めに走っています。
なんどもクララとバンビに車を降りてもらって誘導してもらったことか…(デリカD5なんで幅が狭いと逃げ道の選択肢が少ないです)
しかも、両側に草木が茂って車のボディをこするか、片側砂の斜面もう片側切れ落ちてる…って感じです。

ともあれ、無事に終点に着きました。
1-739.jpg

この休憩舎はとても綺麗だし、周りにはなぜかすずらんが植えてあって、どこかの方が手入れされてるのかな?って思いました。
登山口を7:45頃でました。

濡れたササが覆いかぶさって濡れる濡れる…
それもなんとなく少なくなって意外と歩きやすい。
これは、登山者のカウントをしているのでしょうね?
2-759.jpg

左手にアザミ岳の稜線が見えてきました。
もう、展望はまったく期待してなかったので、うれしかった。
3-813.jpg

ハハコグサやリンドウなど、秋の花が咲いてました
4-840.jpg

周回の分岐に8:55
雨の心配もあったので直登コースを選びます。帰りに時間と天気が良かったら展望コースにしようねって。

9:20摺古木山に到着
写真を撮り合ったりなにか食べたり…あ、今日は女性が多いので、梨を持って来た人がなんと4人。今度は誰誰さんの梨(*^_^*)なんて言いながら食べました。
5-928-940.jpg

9:40に山頂を後にしてササの尾根に取りつきます。
でもそんなにササは濃くなくていい感じ。

ところが、登山道は濡れて良く滑るので、M子さんが(他にも滑ってましたが)大きく滑ってしまい、足を痛めてしまいました。

とりあえずどんな様子か見ます。
シップを貼ってみます。
「ここで待ってるわ」って言うのだけど、こんな山深いところに待たせておけません。
どうする?戻ろうか…って、私の頭の中で思いました。
小屋まで行ってみようということになって、ダブルストックで先頭を歩くことになりました。

白ビソ山に10:55
6-1058.jpg

ほんとに登山道の途中のような山頂
摺古木山から見たときは大きなピークに見えたけど…

誰かの足跡  いのしし?
7-1119.jpg

ササばっかりと思っていたけど、こんないい感じの山の中です。
8-1124.jpg

11:38 安平路小屋に着きました。なんとかM子さんも。
9-1138.jpg

小屋の中は土間と板の間があって、休めます。
M子さんの好意で山頂往復の間ここで待っててもらうことになりました。

11:53 少し荷物を置いて(私も、ガス・コンロ・水を置いたらカルカルになりました)出発
10-1153.jpg

小柄な彼女はささの中。
でもこんなに濃い笹も一部分です。
11-1227.jpg

12:37 安平路山に着きました。まずは交替で記念撮影
12-1237.jpg

13-1237.jpg

この山頂こんなに狭いんです。周りはササの原
奥念丈まではこんな感じかしら?
14-1240.jpg

三角点を探しました。なんと意外なことにすぐ近くのササの中に。もっとわかりやすくしておくといいけど、訪れる人も少なければササの猛威で埋もれるかもね。
15-1245.jpg

M子さんがまってるし、早々に帰ります。12:45

急降下です
16-1258.jpg

途中に水場がありました。
水場の看板からもう少し下ったところだと思うけど、小屋でとまるにはありがたいね。

セリバシオガマがあちこちに咲いてました。可憐な花なのでなかなか綺麗に撮れません
17-1305.jpg

13:25 小屋に着きました。
18-1325.jpg

小屋に入って遅いお昼ご飯。今日は賑やかなのでおはぎやらブドウやらあって、自分のお昼御飯が食べられないくらい!(^^)!

13:55
先にいくねって、M子さんが出発して20分。みんなも後を追います。
19-1354.jpg

14:25 白ビソ山でM子さんに追いつきました。

天気は予想に反して良くなり、樹間から松川の街も見えます。
20-1538.jpg

M子さんは疲れたのでしょうね。足に力が入りません。荷物をみんなで分けて持って、彼女のペースで降ります。
摺古木山に15:43

展望コースの方がなだらかじゃない?って意見もあったけど、地図で見る限り登ったり下ったり、時間と距離が長い。
急だけど直登コースでゆっくり降りようとなりました。

行きに見たアザミ岳の稜線が、帰りにはもっと綺麗。
21-1602.jpg

17:22 登山口に着きました。
22-1722.jpg

M子さんの我慢で行きたかった山頂に行けたと思う。
天気も味方してくれました。

林道を明るいうちに通りたいねって、みんなを急がせてここを発ちました。

悪路を無事通過して、大平の広い道に出た時はほっとしました。

でも、このダートな道の運転。ちょっぴり面白かった(*^_^*)

それも車を誘導してくれた仲間のおかげ

後日、M子さんから、打撲でした。との連絡がありホッとしました。ねんざでなくて良かった。
頼りないリーダーでごめんなさいね。

アザミ岳の稜線が気になって気になって…
帰ってから調べること…
残雪期がいいかなぁ?
行ってみたい!
ダートな道に懲りてない???
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://alpinekani.blog9.fc2.com/tb.php/268-b0ae3a9e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。