FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

左門岳 周回

 2014-04-19
2014年4月19日(土)  バンビとデイジーとしんちゃん

駐車7:25~11:25左門岳12:00~県境12:25~左門岳13:05~990P14:50~再び990P~973P16:35~駐車18:05

最近山を歩いていない…
山にどっぷり浸かって過ごしたい…
と、いう理由で左門岳。
しかも、前に行った辺りを今度は沢を詰めて、大平の源頭辺りを偵察しながら、山頂へ。
そのあとは…疲れていなかったら沢の隣の尾根から帰ろうかなって感じで出かけた。

この高さの山に最近行ってないので、装備が読めない。
なのでボッカも兼ねて、ワカンにアイゼン、20-30メートルのザイル、少しのガチャ、なんかを入れてきた。
でも…
なんかワカンいらんくない?
でも…入れちゃってあるし。
てことで、そのままGO

1_20140424103719ad7.jpg

沢の分岐で登山道を離れ、何度も渡渉を繰り返して登る。
2_20140424103720db9.jpg

地図上にはかすかな3俣
藪の少なめの左の沢を選択
3_20140424103658fbb.jpg

4_201404241037007b0.jpg

最後はやっぱり藪。
がさごそ登るとそこは主稜から派生する支尾根。ちょこと行くと主稜。
5_20140424103701a54.jpg

左門岳?が見える
6_20140424103702de8.jpg

こんな藪を稜線をはずさないよう戻ったりしながら行く。
顔も手も引っかき傷…
7_2014042410370424a.jpg

時々ぽっかりと開けていて、屏風山もみえた。
8_20140424103623f66.jpg

でも、藪
笹の藪とはちょっと違って、意外と楽しい。(私だけ?)
9_2014042410362443e.jpg

こんな大きな木が稜線のあちこちにある。頼もしい姿だね
10_20140424103626776.jpg

たぶん、もう少し季節が早かったらこんな雪渓の上をるんるんで行けたんだろうな~
もうすっかりないです(T_T)
11_201404241036279a5.jpg

大藪をくぐると左門岳登山道に出て、ちょこっと行くと山頂でした。
おなかもすいたし、ここでお昼。
12_20140424103628d4e.jpg

で、どうする?
県境ジャンクション行っちゃう?????
どんなかな~という好奇心だけで、行きました。

たむしばがそれはそれは…咲いたばかりの…
13_201404241035443d5.jpg

ほどなく県境
14_20140424103545e8a.jpg

雪が残っていたのでちょこっと背が高くなり周りが見えますが、なかったら藪の中かも…
やっぱりもう少し早く来ないと…ね
15_20140424103546107.jpg

16_20140424103548666.jpg

17_20140424103549876.jpg

山頂に戻って、さてこれからの身の振りを…
もうあんなに藪を漕ぐのは、いやだ~という誰かしらんのために、登山道を降りることに…

でもここもそれなりの藪。
下がすっきりしてるだけまし?
18_20140424103517a49.jpg

でも…私らって、やっぱりあれかな~?????
西南尾根と登山道の分岐で、どうする?行っちゃう???
獣道しかないけど、こんな感じのいい尾根が続いていたので踏み出しました。
19_20140424103519e31.jpg

ほんとに獣道。
しかもヌタバ
20_20140424103521a8f.jpg

でもこんな春の妖精があちこちに咲いてました。
21_20140424103522004.jpg

再びヌタバ?池?
22_2014042410352426e.jpg

地図で確認。990Pかな
なら目指す973Pには細尾根を過ごしてもうすぐだね。
23_201404241034474fe.jpg

と、言っていたのに…
少し行くとまたピークが…
(まさか973ではないと思うけど…)
でもここで大きな勘違いをしたので、これからしばらくは藪こぎと徘徊が訪れます(T_T)

1024Pを確認したので(自分たちが973にいると思っているから)このまま下ってはいけない(実は良かったんだけど)
引き返しました。藪の中を…デイジーの姿がすぐ見えなくなってしまうので、呼びながら。

で、そこそこ辺りが広い所にきて地図で確認。
んんん????
あれって、屏風山じゃない?
ってことは、まったく反対向いてない?(コンパスで確認)
あのピークに行ってみよか?

あれ?ここって990Pではないですか~

ってことは…
まだ973Pに行く細尾根歩いてないんだ~

もう一度気を取り直して、地図とコンパスを頼りに、藪に突入…

ちょこっと行くとありました~!(^^)!
細尾根を登り返して973P
24_20140424103448eb4.jpg

高度計もばっちり970を指しています。
ここからはモノレールの残骸がある尾根を急降下。
タムシバがほんと綺麗…
25_201404241034499c4.jpg

素直にモノレールの残骸をたどればいいものを…
誰かしらん達は変な方へ降りていく。
急降下の尾根がさらに急となり…沢の方へトラバース
あ~   車の方へ降りるんかいな?

そこはそれ
あるじゃないですか。ザイル
落石と急斜面なんで、ザイルを使って降りました。
26_20140424103450870.jpg

降りた沢は綺麗だった。
なんだか山仕事の人が入ってそうな沢で、反対岸に踏み跡があって、それをたどったらしっかりした道になった。
27_20140424103452349.jpg

その道をたどったら、ばっちり駐車点に戻った。

それにしても良く歩いたわ~
藪の中では背が低いせいかみんながすぐ見えなくなってしまうので、いつも以上に必死で歩いたわ~

でも、ほんと楽しい一日だったね?
地図とコンパス、難しいわ~もう少し勉強しんとね。
でも…
癖になりそうで怖い…(*^_^*)
スポンサーサイト
タグ :
コメント
地図がなくて、ようわからんけど・・・もしかして左門の山頂から、中土倉へ向かったということなんでしょうねえ・・・。そして、中土倉の三角点の手前で、モノレール沿いに尾根を下って、登山道に戻った、ということなんでしょうね。ぼくたちが行った時は、新品同然のモノレールでしたが・・・。もっとも、中土倉を越えて、次のコブから直接登山口におりたんですがね。なんか、ようわからん、面白くて、楽しいことしてますねえ。文が、めちゃ、いいですよ!
【2014/04/29 21:06】 | float cloud #- | [edit]
そうですそうです。中土倉の手前のピークから降りました。
あの残骸が新品同然だったとは…
苗木を運んだモノレールですよね?木も大きくなっているのかしら。
タムシバ?がいっぱいあって綺麗でした。
文、褒めていただいてうれしいです。
面白くて、楽しいこと、大好きです。
【2014/05/02 01:13】 | しんちゃん #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/07/08 16:05】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://alpinekani.blog9.fc2.com/tb.php/244-03069e2e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。