FC2ブログ

風越山ハイキング

 2013-08-31
2013年8月31日(土)  参加者2名

台風が来るという週末、山も無理かなぁと思っていたが、なんとなく土曜日ならまだ大丈夫そうなので近場で登山ならと出かけた。

風越山、もしかしたら一番多く登っている山かも。

山友達のひめいちげさんが去年の今頃登って「思いのほか花がいっぱい咲いてたよ」というので、いつも3月とか雪のある時しか登らない山だけど、花に逢いに行くことにした。

自宅を7時頃出て登山口に9時頃着いた。
今日は雨覚悟でカッパも傘も持ってる。
でもこころなしか、明るい。
9時20分登山口出発
251登山口

この山は急登急登の連続だ。
数年前にAコースとBコースがあることがわかったが、帰りは大きく山腹を巻くBコースが足にやさしい。
でも登りは勝負の?早いAコースで。
若い“秋”にであう
256栗

足元は緑濃いがこんなやさしい花
260白い花

涼しげな花も
268すずしげ

この花はひめいちげさんに教えてもらった“フシグロセンノウ”
あちこちで咲いていた
272フシグロセンノウ

だんだん草が濃くなって、ヤブコギ状態になって行く中、なんとこんな美味しそうなものが…
秋のワラビって、食べれるの?
お浸し位生えていたよ(^^♪
276ワラビ

斜面はススキと秋の花々の大共演でした。
ただ…カメラが下手なので…うまくお伝えできません。
ブログに載せられない見苦しいボケ写真もいっぱいあって、もっと花はいろいろ咲いていましたょ
282aki.jpg

急登なだけあって見晴らしは抜群です。
283yama.jpg

ハナイカリです
291ikari.jpg

キツネノカミソリが遠くても鮮やかです
296キツネノカミソリ

こんな夏にはない秋の花畑もいいですね
299蝶

足元には小さい花も
300黄色の花

秋と言えば、マツムシソウ
301マツムシソウ

これも遠くに鮮やかにいっぱい咲いていました。
310コオニユリ

やっぱり蕾が、名前の由来ですか?
311キツネノカミソリ

ははこぐさ?ですね。
313hahakogusa.jpg

カヤトの丘辺りから山頂が望めます
314山頂が見えてきた

風越の頭を10時45分
いつもは雪の原で休憩したりするのですが、今日は写真を撮りながらのゆっくりなのでそのまま過ぎます。

ちょっと行くと敬神の登山口への分岐。

10年位前にあちらから登った。
6月で、雪解け水が川の水かさを増していて、まず川を渡るのに難儀した。
冷たいし、深いし…
はだしになって渡って、足は真っ赤になった。

でも、そこからは別天地。

あまり登山者が入っていないのか、登山道の真ん中にツバメオモトがいっぱい…
草もいっぱいだったが、あの沢山のツバメオモトは、それ以降他でみたことがない。

あれから…護岸工事が続き、一度も再登山をしていない。

もっぱら吉野からの風越山になってしまった。

320bunnki.jpg

カニコウモリとサラシナショウマの乱舞だ
323サラシナショウマ

山頂はこれがないと分からない。
通り過ぎて展望の丘へ
325山頂

展望の丘で宝剣の沢に対峙する
この山に来る理由のひとつ
久しぶりにお参り。
329展望丘

ここから三の沢岳へいつか行ってみたいと思うが、なかなか連れがいなくて実現しない。

お昼御飯を食べて、雨も心配なのでカニコウモリとサラシナショウマ畑を戻る。
風越の頭に11時50分

帰りも草の猛威に阻まれながら、足元にはこんな花も発見。
349足元に白い花

帰りはあしにやさしいBコースで。

分岐からちょっと行った所にこんなに良く育ったサラシナショウマが!
だれかの寝床のようなところで、栄養がいいのかしらん
355大きなサラシナショウマ

このはなもあちこちにいっぱい咲いてた
365ippai.jpg

ピンクも鮮やか
367ピンク

Bコースは途中から大きく巻くので歩行距離が結構長い。
足元にはヤマジホトトギス
386ヤマジホトトギス

登山口に13時10分
雨にも降られずに、展望もそこそこで、はなもいっぱいだったし、のんびり出来た。
心と体の洗濯ができた。

と、いうことで、帰りは寝覚ノ床ホテルでお風呂に入りました。
500円でトロン温泉です。
貸し切りみたいに静かです。
スポンサーサイト



タグ :
コメント
そんなに何度も行っているのなら、今度はもう少し奥に入ってみてはどうでしょう・・・。たとえば、峨峨たる山稜の蕎麦粒が眺められる、奥の大きなコブまで行ってみるとか・・・。
【2013/09/18 22:21】 | float cloud #- | [edit]
そうですよね。いつも雪のあるときにいって眺めるだけです。行ってみたいけど、一人では…といったところですか。ちょっとだけ行けばいいんですね。今度はそうしてみます。
いつも見に来てくださってありがとうございます。
【2013/09/19 00:10】 | 市之倉の山屋 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://alpinekani.blog9.fc2.com/tb.php/192-83adf0c2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫