FC2ブログ

三十三間山 林道白屋線から轆轤山をへて

 2013-06-22
2013年6月22日(土)  参加者2名

台風が逸れて長野岐阜方面は☀マーク。
うぅ~ん…
御嶽に高山植物でも見に行く?
でも、やっぱり気になってる山に行きたい!
それは、三十三間山。
山スキーで入る為の下見と沢の状況確認。

福井方面の天気は、なんとなく快復傾向なので行くことにした。が…

耳川を越え今古川の近くのファミマも過ぎて、いつも行く温泉もやり過ごして倉見へ。
三十三間山のりっぱな登山口看板もやり過ごして、倉見峠手前の林道に入る。
程なく工事車両を見るがなんだか怪しげな感じ…
少し戻り、この林道に入ってみるけど車で侵入するには少し無理があるようなので戻って分岐に車を停めた。
雪の時はどこまではいれるやら…
多治見を6時に出てここで8時40分
1_20130625000835.jpg

天気は回復傾向だと思っていたのに、雨が降りそう!
テンションは下げ下げなんだけど、潤った緑に元気をもらって9時に出発だ。

ヘアピンで高度を上げ、人の入ってなさそうな草元気な林道を歩くと、左手にスカイラインが!…ガスの中
2_20130625000821.jpg

林道の様子はおおかたこんな感じ
山側は崖があって山に入るにはどこからか…
3_20130625000822.jpg

地図上の破線ラインがある辺りを見てみても、まだ緩そうな斜面はここしかなく
写真の左端の獣道をよじ登る(雪の時はどんな?)9時43分
4_20130625000823.jpg

林道から20mほど登るとそこそこ安定した尾根になった。右手沢筋にテープある。帰りは沢へ降りてみよう。
5_20130625000825.jpg

そこそこ安定したとはいえ、草付の急斜面を登る。
雨で土が柔らかくなっているので足元は滑らずまあまあ…かな
こんなテープが所々にあって「ろくろ山」へ導かれる。
ろくろ山はたぶん662.5mの稜線上にある三角点
ここまで来るとなぜかテープやらこんな案内やらがあって安心?する。
6_20130625000826.jpg

600m辺りで主稜線にのった。10時45分
辺りはガスガス
傘をさしていたが、風が傘を煽る
樹林帯からいきなり禿げた稜線となる
これか~雪の時は雪稜となるんだ
7_20130625000756.jpg

あちこちに咲いている花
  8_20130625000757.jpg

635m辺りから角度が変わり北方面へ
辺りはガスで、充分確認しないと迷ってしまいそう

風に乗って人声がする

二人連れがろくろ山方面からきた
こんな日に遭うなんて、どんな志向の方?
なんにも見えないから轆轤山で引き返したそうだ。登り口は私達とはさらに違って大根山の方から。

境界杭を拾いながら轆轤山にたどり着く。11時半
9_20130625000758.jpg

稜線に乗ってからは高低差があまりなくて見晴らしが良ければいい山行なんだろうけど、まったく展望聞かず。
それどころか、相棒ともちょっとすると姿が見えなくなってしまうので注意注意!

12時15分
登山道との分岐

このロープの向こうから来た。
10_20130625000759.jpg

私がカメラで撮ってたのはこれ
11_20130625000801.jpg

ここからは安心の登山道
ルンルンで歩いてたら、いつしか藪に突入

どうも私達って登山道より薄い踏み跡に誘われるようで、藪をかき分け登って行くと程なく立派な登山道に出会い山頂に。
雨も大ぶりに((+_+))
12時35分
12_20130625000728.jpg

木の傘の下、お昼御飯を食べていると、4人連れの方が…
「なにかいるぞう」
「なにかでなくって、人間です」
なんて会話。登山道から来たそうで、こんな日に3パーティも入る山なんですなぁ

12時50分
今度は藪でなく歩きやすい道を歩いて分岐まで

ロープを跨いで来た道を下ります。

草斜面でエアースキーをするデイジー
14_20130625000729.jpg

この花があちこちに咲いていましたょ
15_20130625000730.jpg

途中新道に行く林道が下に見えたけど、まっすぐ元の林道目指しております。
最後は、登りで確認した沢筋を降り、ほんとに最後はえぃ!と飛びます。林道に無事着地
14時45分
16_20130625000731.jpg

林道で出逢ったのですが、何でしょう?
大慌てでした
17_20130625000732.jpg

来年の鬼が笑う山スキーの下見
意外や貸し切りではなかったけど、もっと南からも入れるようで、再考できそう
雪が降った良い日にまた来よう

地図を見ながらの山行ものんびり歩けて、雨の山も良いもんでした。
スポンサーサイト



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://alpinekani.blog9.fc2.com/tb.php/179-ccecaee8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫