FC2ブログ

県連救助隊訓練 片知渓谷

 2012-09-30
2012年9月30日(日) 参加者3名 県連他山岳会多数

台風が接近している。今日の午後には東海地方に来る。
今朝はまだ時折晴れ間のでる天気だ。
8時に片知渓谷の遊歩道入口辺りに集合。
ちょっと早く着いたが、みんなも早く着いていた。

遊歩道入口から沢に降り入渓。
こんな感じで大岩と淵がある沢。
005 大岩と淵

1時間ほど歩いて千畳岩に着く。ここが沢の終了点のようだ。
ここから訓練開始だ。
008 千畳岩

まずチロリアンブリッジの為のザイルを張る方法を学習。
3/1システムをやって見る。
各々確認して、ぶら下がって見る。
インラインエイトノットの使い道が分かった。スタティックロープでもかなりたわむのでガンガンに張ってみる。

次に実際沢にザイルを渡して、各々渡る。
014 チロリアン

スケッドストレッチャーにザックを詰めて運んでみる。
要救助者搬送の訓練だ。
015 ストレッチャーで

ルート工作・搬送・第二ルート工作と3つに班を分け、実際沢を下って搬送する。
人間アンカーもやってみる。
020 実際やって見る
022 

沢を半分程下った所辺りから雨が降り出し、訓練は終了になった。

ここの沢には遊歩道が近くに通っているし、滝があるわけではないので、下りも何とか搬送出来る所が多いが、実際の沢はこうはいかない。
チロリアンブリッジで下すにもかなり困難だろう。

でもこうして訓練することで、実際沢の山行が多いものとしては身が引き締まる思いだった。

他の山岳会の救助隊の方達とも交流が出来て、普段使わないロープワークも覚えたし、とてもいい訓練になった。

スポンサーサイト



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://alpinekani.blog9.fc2.com/tb.php/123-7c447232

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫