FC2ブログ

柿其川支流樽ヶ沢・岩倉川本谷

 2012-08-26
2012年8月25日(土)~26日(日)  参加者4名

晴天続きでやっぱり本流でしょう!ということで近場の綺麗な沢へ。
今回は久々にハイジさんも参加。

ゲート前でお泊りということで、お手軽です。

※1日目(25日)

 多治見5:30=7:35駐車地点7:50~入渓点8:05~沢終了12:30~13:25林道13:40~P16:00 

ここから入渓します。
002 入渓点F1

すぐに次の滝が。つい見上げてしまいます。
010 F2

2段25m程の滝。
014 F3 2段25m

シャワーで行きます
016 F3下部

シャワー激写です。
017 滝に打たれてる?

上の滝の左をザイルを引いてトップで行きます。岩はヌルヌルしていて、見てる方も緊張します。
025 F3上部 トップを行く

深緑色の淵が素敵です。ハイジさんも並行移動より上に移動はお手の物。
045 F5

山の木々の色が水に溶けているのでは…
052 F6

この滝はどうやって登る?と思案しました。が、やはり巻きます。
055 F7 CS巻き

胸までつかって取り付きました。
061 F8

どこまでも滝・滝・滝…
069 F9

滝・滝・滝
070 F10

へつって岩から岩へ
H24.8.25樽が沢1055

花火の火の粉ではありません。
072 F10登るバンビ

斜めに登って落ち口に…
079 F11上部

落ち口はツルツルのヌメヌメ…
右から登ったデイジーに助けてもらいました。
083 上部落ち口はツルツル

この滝はCSの下をくぐります。
093 CSの中をくぐる

こんな感じ
095 くぐるしんちゃん

すでに滝の数が分からなくなった。
096 F12

右岸を登っていったバンビさんは立ち往生?右の岩溝を登っても身体が挟まってしまう…
098 F13

沢も終わりに近づきました。見上げると伐採地が…
105 終了

しかし、伐採地にはフェンスが張り巡らされ、立ち入り禁止?林業の方達が仕事をされているので、私達は隣の沢を詰めることにした。
その沢は詰めが厳しかった
私は落石とずり落ちに、死ぬかと?思った。先に林道に上がったデイジーのザイルにすがりついた~
109 登る沢

帰りのながーい林道は、結構涼しくて景色もまあまあで、のんびり歩いた。
119 記念撮影

さて、今夜はここで泊。
ハイジさんの持参のマスで、チャンチャン焼きです。
(写真撮り忘れた~)
(実は、現地調達!と思ったのですが、しろとなんで、それを見越しての配慮だそうです)

※2日目(26日)
 
 入渓点7:15~9:55終了点(堰堤の上の河原)10:35林道歩き

今日は去年行った岩倉川本谷。
暑い真夏に行きたいね!と思った所。

今回は橋の下の滝から始まり
123 入渓点の滝

奥に堰堤がちょっぴりみえます。
127 F2

へつります
135 へつり

せっかくだからシャワー
138 せっかくだからシャワー

せっかくだから泳ぎ。えおぼれたカエル
139 せっかくだからつぶれたかえる

右岸をなんとかして頑張る…
149 四苦八苦…

でも、左岸の小滝をカムと押し上げで登ります。
152 こちらを登ります

泳いでいます。念の為…
H24.8.26岩倉川0829泳ぐディジー

跨いで登ります
158  跨ぎます 

あまりに綺麗な水なので、ヘタながら、泳いで取り付きます。
163 泳いでとりつきます

泳いでます
168 泳いでとりつきます

気分はカエルです
178 およぎます

岩の下に流れる滝を行きます
179 岩の下を行きます

へつってます
183 へつります

これも。結構大変みたい
196 へつります

三俣に来ました
200 三俣

奥まで行くとみえるこの滝を行きます。
右の岩をクライミングです
204 右に隠れた滝

おぼれていません。泳いでます。
207 くどいですが泳いでます

この後、堰堤の橋を林道まで登り、河原に降りました。
去年はここからもう少し行ったのですが、ハイジさんも待ってることだし、ここで終了。
洗濯してすこしのんびりして、暑ーい林道をてくてくハイジさんの待つ車まで歩きました。
211 記念撮影

岩倉川本谷はザイルを出すこともなく、ヘタながら泳ぐことも出来て、楽しかった
初めての樽ヶ沢は、それはそれは滝の連続で、でも登ることが出来るのが多かったので、これも花丸でした

2日間沢三昧で、仲間に大感謝です
スポンサーサイト



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://alpinekani.blog9.fc2.com/tb.php/118-f31759ac

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫