FC2ブログ

耳川支流折戸谷林道 割谷 遡行

 2012-06-30
2012年6月30日(土) 参加者3名

先週隣の沢に行った帰りに割谷の入渓点を確認した。
その日は堰堤を作る工事をしており、沢も結構荒れた感じだった。
湯の花谷のように奥に行けば綺麗になるかもと期待して、工事の始まる前に入渓しようと多治見を出る時間を30分早めた。

多治見5:00=7:05折戸谷林道湯の花谷入渓点近くの空き地に駐車7:25~割谷入渓7:30~3段30mの滝を持つ沢が流れ込む8:25~11:00水が涸れる、着替えてお昼御飯11:40~770のコル11:50~841ピーク12:10~林道14:00

湯の花谷の入渓点近くに車を停めて行けば山から下りてすぐ車の場所になるが、今日の入渓点への林道半ばに停める。
ここまで来る林道で先行したトラックは割谷の工事車両だった。
沢装束に替え入渓点まで行くと堰堤用機材を下していた。
その横をさりげなくさっと抜ける。
まだ7時半なのに、もう始めていた。しかし、工事関係者の車がたくさん駐車している割に、人は一人しかいない。

003_20120705005210.jpg

005_20120705005153.jpg

入渓してすぐに2条の滝が2本現れる。このところ天気はまあまあだったのに、そこそこの水量。
これはその後の2mの滝。
011_20120705005152.jpg

石組の堰堤が崩れて滝のようになっている。右から沢が入りこんでいた。
016_20120705005151.jpg

インゼル、この沢もトチの大木が多くて、癒される沢だ。
028_20120705005150.jpg

そこそこ登れる滝が出迎えてくれる。
042_20120705005149.jpg
043_20120705005148.jpg

ここは左岸壁を登る。
046_20120705005109.jpg

滝は小さいのも10m近くのも、滝壺は深い。
上の方に行っても溝の様な滝でも深い釜を持っているのが多かった。
049_20120705005108.jpg

3段30m程の滝を持った沢が左から流れ混む。
光が差し込み高い滝が緑に染まって綺麗だ。
052_20120705005107.jpg

斜漠
054_20120705005106.jpg

左岸壁を巻く
069_20120705005105.jpg

再び小滝を歩く
078_20120705005104.jpg

ゴルジュ
狭い滝を流れる様が綺麗だ。
079.jpg

炭焼き釜のあと
この辺りから台地状の所が多くなり、トチの木もいっぱいだ
鹿が鳴いて、斜面を駆け上がって行くのを何度も見かけた。
仲間が鹿の角を拾ったが、途中で置き忘れて来てしまった。
082_20120705005025.jpg

ついのんびりと沢歩きをしてしまう空間
089_20120705005024.jpg

もう滝も終わりかと思った頃に再び小滝が…
095.jpg

小さな流れになり、それが2俣になった
左は841Pに着きあげる沢、右が目指す770のコルに行く沢
ここで沢靴を脱ぎ、お昼御飯。
薮もなく草原がひろがっている。841への斜面は灌木がぎっしりだ。直接は無理で、770のコルから820辺りまで稜線を歩き、そこから841へ目指した方が行けそうだ。
099_20120705005022.jpg

記念撮影
100_20120705005021.jpg

縦走路に出ると周りの山山や琵琶湖がみえる
101_20120705004945.jpg

841のピークから北の広い尾根を727目指して降りる。
登山道はない。ブナ姫ブナ太郎がいっぱい
103_20120705004943.jpg

何度も立ち止まって辺りを見渡す。
なんて気持ちのいい空間…
104.jpg

727ピークからトリカブト畑とバイケイソウが増えた。
葉は涸れているが、花はまだ綺麗
109.jpg

とても大きな木
この山の主かも
111_20120705004940.jpg

途中、送電線の巡視路に入るのだが、鉄塔を見過ごし60m位急な斜面を下がり過ぎてしまった。
おかげで、この山行1番の大汗をかいて、のぼりかえすことになった。やれやれ
118.jpg

割谷は困難な滝はなく、安全の為にお助け程度のザイルを2回程出してもらった位で滝登りが楽しく出来る沢だった。もちろん天気・水量等で遡行の困難度は変わると思うので、今回のみの様子と言うことで。

それにもまして、今回ヒットは、841のピークからの尾根の下りだ。
ブナやトチの木の林。明るくて静かで、このような山がいつまでも続くことを願ってやまない。

楽しい一日を、山と沢と仲間に、感謝
スポンサーサイト



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://alpinekani.blog9.fc2.com/tb.php/109-82ea1458

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫