FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

乗鞍岳BC&三本滝散策

 2016-04-24
2016年4月23日(土) ~24日(日)    デイジーとしんちゃん

位ヶ原山荘まで高原バスが走るとは前日まで定かではなかったが、23日に走るとわかったのでラッキーだった。
始発に乗るため多治見を4時に出発。
いったん三本滝Pまで行ったがあまりの雪のなさに下のPまで戻った。
IMGP3661.jpg

8時半発、山荘に9時半ついた。
シールを付けて歩き出す。
IMGP3662.jpg

1時間ほど歩いた。
雪はザラメでシールが滑ることもあるが、まあまあの歩きで順調だ。
今日はこんな天気だし結構な人出
IMGP3666.jpg

振り向くと北アルプス
槍も見える
スカイラインが出ているのが見える
IMGP3670.jpg

12時8分
蚕玉岳のコルについた
IMGP3676.jpg

山頂からの滑降は以前したし
今日は朝日岳から肩の小屋のノートラックを滑りたい!
IMGP3678.jpg

と言うことで、二人で貸し切り!
IMGP3679.jpg

シュプールです(^^♪
IMGP3686.jpg


位ヶ原までは柔らかいいい雪だった(^^)/
そこからは水気の多いザラメ
引っかかって、うまく滑れない('ω')
しかも、山荘に着いたら1時半のバスが行ったばかり…

陽も陰り、風も強くなって寒いので山荘で珈琲をいただいたりしながら4時半のバスを待ちました。

山荘は7500円で1泊2食 夜だけなら6300円
次回は泊まっても良いかなぁ
新雪の時、下から歩いてここで泊まってもいいかも~

24日

今日も晴天(昨日よりは雲多いかも)
再び山頂へって気持ちもあったけど、行ったことの無い三本滝へも行ってみたい。こんな機会は意外とないかも
なので、行ってきました。

しばらく歩くとこんなつり橋があってもうすぐ滝!って期待感がでます。
IMGP3698.jpg

(・_・D フムフム

IMGP3704.jpg

真ん中の本流
豪快です
IMGP3709.jpg

左の無名沢からの滝
確かにしっとりひっそり
IMGP3708.jpg

右の滝
大きくて美的です。
IMGP3710.jpg

美的な滝に、申し訳なく立ってみました。
この岩は単独であって、立つと意外と怖い。
IMGP3712.jpg

ついでに途中の善五郎の滝も散策してきました。
浸食してこの位置に落ち口があるけど、昔はずっと手前の滝つぼのところにあったそうです。
IMGP3714.jpg

この冬は雪が少なく、あまりいい雪に出会えなかったけど
今回の乗鞍岳はとてもいい雪だった。満足満足('ω')

スポンサーサイト
タグ :

ひだ流葉スキー場と猫岳・夫婦松まで

 2015-01-18
2015年1月17日(土)~18日(日)      ダンボ・バンビ・デイジー・しんちゃん

先週の三連休に行く予定だった猫岳。
デイジーの身内に不幸があって流れたけど、今週はダンボが行けるのでメンバーも増えてしかも降雪でパウダーが期待できそう。

ひだ流葉スキー場は圧雪していないゲレンデだそうで、これまた期待できそうだ。

しかし!
天気予報が悪い…

1日目猫という案はやめて、降雪の多い土曜日はゲレンデとした。
お宿は1週間前ドタキャンした「千台屋」。食事がいいとか…

1/17

多治見での雨が神岡まで来ると雪
ゲレンデはそれでもけっこうな人だ

170939.jpg

リフトを4本乗り継いで国設スキー場だった奥のゲレンデへ行った。
風が強くて霧も出ている。
奥のリフトまでの非圧雪斜面を滑った。3回滑ったらリフトが風のため運休になってしまった。

それからは下のリフトを5-6回
3キロとロングコースがあってしかもパウダーなので楽しい。
それも、だんだんコブコブになり、コブの練習になってきた頃3時半。
171538.jpg

171543.jpg

すっかり足に来たので終了。

千台屋さんはゲレンデの真下でした。

こんな郷土のお料理で心もおなかも満たされました~
171824.jpg

1/18

今日も雪か?とりあえずいつもの駐車場に行きますか
朝からとっても贅沢な食事を頂きました。
180717.jpg

車で1時間弱
雪雲がどんどんなくなって行き、乗鞍が見えるようになってきた頃から真っ青な空!
うれしい誤算で、わくわくです。
おかげで、駐車場にはこんなに車。
181023.jpg

10:30頃から歩きだした。
トレースがしっかりあってありがたい。
181100.jpg

それに、こんな空だもの!
181122.jpg

右をみても左を見ても、飽きることのない大絶景
181129.jpg

樹林の中はモンスターがいっぱい
181200.jpg

12:30
夫婦松に着いた
大崩山・猫岳が綺麗
181231.jpg

こちらは白山
181233.jpg

こちらは北アルプス
181234.jpg

少し大きくして穂高
181234-1.jpg

もっと大きくして槍
181234-1-1.jpg

その隣は笠ヶ岳
181234-2.jpg

もっと大きくしてみる
181234-2-1.jpg

記念撮影
181304.jpg

181304-1.jpg

今日はここまで
もっと先に行った方たちには申し訳ないが、先に新雪を頂きます
181333.jpg

大絶景の中へ
181334.jpg

デイジーが滑り、ダンボを撮ります
181341.jpg

次はバンビ。豪快です
181343.jpg

そしてしんちゃん
181343-2.jpg

最後に4人のシュプール
181344.jpg

まだ時々有刺鉄線の柱が頭を出していて、少し緊張でしたが、雪質はまあまあでいい滑りができました。
思いがけなく良い天気になって、もう少し早起きすれば良かったかも!でしたが、ノートラックを滑れたので良かったです。
タグ :

シャルマン火打

 2014-12-22
2014年12月20日(土)~22日(月)     デイジー・しんちゃん

火打山の裾野シャルマン火打に行ってきました。
このスキー場は非圧雪のスキー場。しかもこの寒波で降雪が期待できるので。

20日の土曜日は移動日です。
この日は天気も良くて、火打・妙高もばっちり高速のSAから見えました。

能生ICで降り、漁港へ。
“紅ズワイガニ”目当てに!いっぱいおまけしてもらってスチロールの箱に詰め込みます。

これは今夜の宿「そよかぜ」さんの玄関先の雪の中に埋めておきます。

12/21

朝、そよかぜさんの外は雨…
テンションは下がってゆっくり朝ごはんを頂きます。
「山の上は雪だから…」というオーナーの声に送り出され、スキー場へ。

12211015.jpg

さすが、やっぱり雪でした。
すでに新雪は早く来た方たちに滑られているけど、まだまだふわふわです!

割引リフト券を頂いていたので2000円でゲット。

12211043.jpg

12211043-1.jpg

12211352.jpg

スキー客もとっても少なくてリフトに乗っても誰もいない。
休憩室に行ってもほとんどいない。
滑っていても誰にも会わない!

そして…新雪!

スキー場にいることを忘れてしまうくらいいい雪でした。

12/22

昨夜は突風が吹いた。
今朝はどう?
外は時雨れてます。

そして、スキー場は…  吹雪いてます!

12221008.jpg

12221032.jpg

12221254.jpg

時々ホワイトアウトになってしまい、デイジーの姿が見えなくなる。
斜面も見えなくて、滑るのに怖いくらいだ。

12221452.jpg

でも、どんどん雪は降るので、パウダー!パウダー!

さすが2日目。しかもこの降雪で、もうくたくたです

車まで来たら…

12221549.jpg


温泉に入って、蟹の箱を貰い、
後はゆっくり帰ります。

これは、「するてん」
スルメのてんぷらのうどんです。
ちょっと固くてかみごたえばっちりでした。
12221825.jpg
タグ :

立山周辺 山スキー

 2014-11-23
2014年11月23日(日)       デイジーとしんちゃん

多治見を2時半位に出発。
立山駅の駐車場に6時40分位に着いた。中日なので空いてないかなと思ったが、なんと駅に一番近いところに駐車できた。ラッキー!
ケーブルカーは8時20分
まだ時間があるから…とゆっくりしてたら、なんと!雨が降ってきた…

急いで支度をして駅に入る。7時40分から切符を買えるので並ぶことにした。
709.jpg

8時20分のケーブルカーに乗って、美女平から高原バスに乗った。
下は雨だったけど、もうやんでて称名滝が見えた。
849.jpg

室堂について外に出ると、ガス…
あまりの暗さに歩きだす人もいないけど、若者は撮影で元気だ
956_20141124222224c80.jpg

10時頃とりあえず私達もコンパスを合わせて、歩きだすことにした。
1017.jpg

こんな感じ…  
先を歩くデイジーのトレースを外さないように歩く
1030.jpg

雄山はガスの中
一の越の小屋が見えてきた
1048_20141124222155826.jpg

11時24分 
一の越の小屋
1124.jpg

小屋へはみんながあがって行く
立山に行くのだろうね
我々はそちらには行かず、小屋から右手に上がる
1152.jpg

ちょっとしたピークに上がってシールを取る
さて、ここから滑ります
1212.jpg

1213.jpg

滑っていくと、だんだんガスが晴れて来ました!
雄山の小屋が見えてきた~
1228.jpg

けっこう下まで降りて、ここでまたシールを付けます。
太陽も出てきて、いい感じです。暖かい…
1229.jpg

小屋の横の岩の間を落ちるように滑り落ちたシュプールが見えました。
すごいところ、滑る人がいるんだねぇ
1257.jpg

再びシールで登ります
立山がくっきりです
1330.jpg

浄土山と国見岳のコルに上がって行きます。
1330-1.jpg

国見岳のところでシールを外しました。
剱岳が見えて来ました。
1416.jpg

こちらは天狗山
1418.jpg

私達の滑ったシュプールも
1434.jpg

室堂に15時頃戻りました。
15:25に臨時が出ると言うので、大急ぎで片づけ、のりこみました。
なんと新しいバスです。補助席はなくて、大きな窓ガラスがピカピカでした!

帰りのバスの中から
剱岳
1531.jpg

雲海の中にバスは進んでいきます
1537.jpg

美女平はガスの中でした。

朝は雨でがっかりでしたが、思いのほか天気が回復して、今冬初の山スキーが楽しめました。
雪はやわらかく滑りやすかった。
でもまだまだ下手なので、少し急になるとスピードがグッと遅くなります。

今年の雪も楽しめたらいいなぁと思いました。
タグ :

大日岳(北ア) 山スキー

 2014-05-05
2014年5月3日(土)~5日(月)   参加者 バンビとデイジーとしんちゃん

連休の後半は、バンビの長年の夢を果たすべく、北アルプスの大日岳・大滑降という私には大それた計画が立った。
果たして、私に降りてこられるか…

チョー心配。

でも、あんまり深く悩まないので、それはそれ、着々と進行し、帰りのお寿司屋さんまで決まって、楽しく出かけた。

5/3

実はバンビの甥っ子さんは大日平小屋のオーナー
拝み倒して、小屋の整備で行っている直樹さんに今日と明日の宿をお願いした。

なので、今回はお酒とつまみと簡単な食事を持って行けばいい。
しかも小屋まで行けばいいので多治見を5時半に出かけた。
称名のPに10時前に着いた。

この時期しか見れない、涅槃の滝
3-1_20140507185741d3a.jpg

10時半頃出発
3-2.jpg

この時期は登山道ではなくもう少し先の雪の斜面を登るのだが、今年は雪が少ないので無理。
登山道に入り雪が出てきた。
藪は出てきているから、板にかかって歩きにくい。
3-3.jpg

斜面が急になってきたので、アイゼンを付ける。
スキー靴にアイゼンは初めて。
3-4 1,100m付近アイゼン装着 1122

雪のないところもけっこうあるので、アイゼンの足元も板の引っかかりもけっこう疲れる。
3-5.jpg

13時43分
ガスが出てきた。
3-6.jpg

牛の首を過ぎ、馬の背辺り
3-7.jpg

大日平の谷底を行きます。ガスって10mも離れると見えません。
3-8.jpg

大日平に来ました。でも、全く周りは見えない。雪の流れた凹凸をみて、コンパスを見て、進みます。
3-9.jpg

15時40分
小屋に到着。バンビが小屋が見えて着くまで60歩だったって言ってます。
3-10.jpg

オーナーの優しい心使いで、なんとストーブまであります。
まずは自分たちの寝る部屋の畳を敷いて、ついでに布団も敷いて…

さっそく、宴会です。
ついでに今晩の食事?のお餅も焼きながら、延々と飲みます(*^_^*)
3-11.jpg

ふと気付くと窓から見える景色が明るい。
5時半。ガスが晴れてきた。
薬師と太郎山
3-12.jpg

鍬崎山も
3-13.jpg

明日が楽しみになってきた。
明日のお酒を残して…就寝。

5/4

昨夜は6時半くらいに寝たのでもう寝れない(*_*)
外に出て、今朝の大日岳。新しい小さな雪崩を確認
4-1.jpg

大日平
4-2.jpg

鍬崎山
4-3.jpg

出発前に、部屋を明るくして行こうということで、二階の垣板を3窓分はずす。
4-4.jpg

8時20分出発だ
4-5.jpg

シールで登る予定だったが、上の方に行ったらクトーを付けることになるかも…ということで、クトーを持っていないデイジーとしんちゃんは初めからアイゼンで登るということで3人ともアイゼンで歩きだした。
こんな斜面が、ますますきつくなって行く。
4-6.jpg

ライチョウの落し物
4-7.jpg

登り始めて1時間
この素晴らしい斜面を貸し切りだ
4-8.jpg

やっと乗っ越に。大日小屋も掘り出し完了。
剱がいきなり目に飛び込んでくる。この景色が見たかった。
4-9.jpg

大日岳山頂まではほんの少し。
4-10.jpg

先週登った毛勝三山がまじかに見える。
剱から池の平山、赤ハゲ、白ハゲ、赤谷山、大きくブナクラ峠が落ち込み、猫又山、向こうに釜谷山、少し隠れて毛勝山…
4-11.jpg

12時半過ぎ板を履いて出発だ。

最初はカリカリ…
私は慎重に(怖いから)ボーゲンで…

少し降りると固めのシャーベットで、斜面は急だけど滑りやすくなってきた。
遥かデイジー
4-12 大日岳から滑降1 1254

バンビも
4-13.jpg

しんちゃんも
4-14.jpg

4-15.jpg

4-16.jpg

4-17.jpg

大斜面を貸し切りに、あっという間に降りてきて、最後は小屋までツリーランを楽しんで。

帰ったら、直樹さんがビールを御馳走してくださった。
思わぬごちそうに、大乾杯!!!!!

ではでは、お礼に各部屋の垣板をはずそうね。それとお掃除に畳敷きも。
直樹さんが水タンクを運んでいたのでそれのお手伝いも。
4-18.jpg

春の準備は大変です。
4-19.jpg

酔っ払ったし、晩御飯までおなか減らさないと…と長靴をはいて散歩に出ました。
今日なんかは外の方が暖かい。
4-20.jpg

大日平の先っぽまで歩きました。いい眺めです。
4-21.jpg

帰って、2階でご飯を食べながら前大日の方に沈む太陽です。
明日は天気が怪しい?
4-22.jpg

5/5

今朝の大日岳です。あいにく小雨が降ってます。
5-1_201405071854420a1.jpg

待っててもやまない雨なのでできるだけ早めに出発することにしました。
今日は直樹さんも山を降りるそうです。

凸凹の大日平を滑って行きます。両側とも谷が落ちているのでなんとなく緊張です。
5-2 凹凸の激しい大日平の雪原を滑る。0800

谷底へ滑り降りて行くとクレパスが大きくあいていました。
デイジーは滑り降りて行きましたが、こけていました。
それを見て緊張してしまい、クレパスを飛ばないかん!と思ってしまい…
ところがクレパスの上まで行くとすとんと落ちればいいことが分かり、少しホッとしました。
5-3 谷底のクレパスをわたる直前 0815

馬の背の斜面をトラバースした後、ザクロ谷の上です。あの綺麗な谷は今は雪の中。
でも、雪の穴から滝が見えてます。
5-4.jpg

ここからは板をはずしてアイゼンで行きます。
また、引っかかり&アイゼン土上歩行が続きます。

途中でアイゼンもはずして、シャーベット雪の上を快適に降りて行きました(雪の上は)。

あとちょっとで称名の駐車場です。
5-5 称名遊歩道に降りる1分前 1109

バンビは長年の夢を果たし、デイジーと私は初めての大斜面を滑降できた、いい山行でした。
また、山小屋の春準備を見させてもらい、山で働く人たちの大変な苦労を感じました。

私達が登った5月4日は山スキーは私達だけだったので、本当に貸し切りでした。
ワンディハイクで大日岳に登られる方もいる山なんだと、少しびっくりでした。

今度は、室堂から奥大日を越して早乙女岳へと行けたらいいなぁ…
なーんて、大きな夢を持っちゃいますね(*^_^*)
タグ :

白馬乗鞍岳・天狗原

 2014-03-22
2014年3月22日(土)  デイジーとしんちゃん

せっかくの3連休。
初日の北は大荒れ。降雪が半端ないようだ。
なのでゆっくり家の用事を済ませ、早寝をして22日未明からの活動。

とはいってもやっぱりなんだかんだと遅くなって、栂池の駐車場に着いたのは8時頃。もうすっかり満杯だ。
しかたなく有料の駐車場になんとか入ることができて、これもラッキーだったようだ。

切符売り場も長蛇の列。
ところが…

昨日ロープウェイの上辺りで雪崩があり事故に巻き込まれた方がいるようで、今日はロープウェイが動かないそうだ。

「どうする?」「………」「………」「一日券買ってゲレンデにする?」

とりあえず1日券が割安になっていたこともあって、1日券をかってゴンドラに乗った。
この時携帯に山岳会の仲間から電話が。

昨日の11時頃、鵯峰の南斜面で雪崩が発生して1人亡くなられたとの情報。

ゴンドラに乗り、リフトに乗りついでスキー場の上まできた。
1_201403292321352eb.jpg

今日は天狗原から振子沢方面に滑り登り返して帰りは鵯峰を経由して降りてこようと思っていた。
でも…
ロープウェイは動いていないし、雪崩もあったことだし…

この時点ではどこでなだれたのかわからなかった。
リフト上まで行って、天狗原まで行って戻ってきてゲレンデ滑ろうかってことになった。
9:50 シールを付けて歩きだす。
2_2014032923213645f.jpg

快晴。
3_20140329232137adb.jpg

ハクノリも風が強そうだ
4_20140329232117d43.jpg

林道は大渋滞。
鵯峰への斜面は急で歩きながら見上げるとなだれてこないかと心配で(この斜面が雪崩れたとは知らなかった)上を見上げながら渋滞の列から抜けたいと思いながら歩いた。

もうすぐ天狗原
このころから右足のかかと辺りにひりひり…「なんか靴下についとるんかな?」…

しばらくして、「もしかしたら靴ずれ?」…

5_201403292321181db.jpg

6_20140329232119bf4.jpg

7_201403292321215a0.jpg

天狗原に11:55
けっこうな風だ。大急ぎでシールイン

この時判明!
靴のスキーモードを直そうとしたら、なんとずっとスキーモードで歩いていました(笑)
どうりで…… 靴ずれでしょうね とほほ…

8_20140329232122614.jpg

シュプールの自分撮り してみました。
9_201403292320530e8.jpg

鵯峰
いつか裏ヒヨに行ってみたいな~
10_20140329232054f19.jpg

さらに自分のシュプール、もう一本はデイジー
11_20140329232055791.jpg

一回雪につかまってこけた
もがけばもがくほどに雪の中に入って行ってしまう
しかも、いったん乗っかった雪は重く固く、少しなのに身体は動かない…

雪崩の恐怖はいかほどでしょう…


いつの間にか五龍の方は雲の中です。あんな雲はきっと中はすごい風です。
12_201403292320566e2.jpg

途中小さなツリーランを楽しみながら最後もスキー場へ林の中を抜けて戻りました。
13_20140329232057431.jpg

雪は重めのパウダー。場所によって雪質が変わり、難しいでした。
でも快適な斜面もたくさんありました。

せっかく1日券を買ったのだからと、リフトに乗ってゲレンデを滑ってみたけど、やっぱり面白くない。山がいいなぁ…
3-4回乗ったけど、もうやめて帰ることにしました。
ゆっくり温泉入って美味しいもん食べて帰ろうね。

切符売り場まで降りてきたら、信濃新聞の方にあいました。
雪崩に巻き込まれた方たちのことを教えていただいたのですが、林道の入り口から500m辺り鵯峰の斜面だそうでした。
上をきっていったらどんどん降りしきる雪、さらに危険ではあります。
その時の状況はわかりませんが、山スキーのリスクは高いと思いました。
山はリスクに対してはベテラン・初心者なんてあまり関係有りません。
山に入るものすべてがリスクを背負っているので、自分は仲間はどうだ?といつも謙虚に、引き返す勇気を持って臨みたいと思います。

ということで、今回は振子沢の大滑降?はお預けとなりましたが、山は逃げませんのでまた今度。
でもいい斜面楽しんできましたので、良かったね~
タグ :

大崩山とMt.乗鞍

 2014-03-09
2014年3月8日(土)~9日(日)   参加者 バンビ&デイジー&しんちゃん


今日は久しぶりの山スキー
このところの地元での雨で、上ではふわふわが期待できそうな猫岳に行くことになった。

今日はあまり天気が良くない。
久しぶりってこともあって、アイスバーンになる前に戻ろうって気持ちだ。

5時半に多治見を出発。
8時半にいつもの駐車スペースに着いた。
先行者は1台。
車に乗っている2人も私達の後に出発だ。

牧場の看板のところから入る。
ここでハプニング!
デイジーのストックが凍って伸びない。
カイロで温めたが動かない。お湯をかけたらやっと動いた~

やれやれ…

大きくカーブしてから尾根にとりついた。
先行者のトレースはとてもありがたい。
おおきくZをきって登る。
1_20140310100630721.jpg

五色ヶ原の山荘が見える。いい斜面だ。ふわふわは10~15㎝かな?その下は固めだ。
2_201403101006080b5.jpg

後から来た2人組はいつの間にかいなくなっていた。戻ったかな?
1時間くらいでこの尾根。風が強くて寒い。
3_20140310100609e8d.jpg

輝山だ。南を向いた斜面だからかブッシュが出ている。真っ白になる時に行きたいね。
4_2014031010061175c.jpg

途中からラッセル交替。トレースはなくなった。
5_201403101006123de.jpg

樹林に入ると再びトレースがあってありがたい。
これはなんのあな?
カメラのシャッター音で熊さんが出てきそう…
6_2014031010061307e.jpg

どっさり雪をかぶった木の下をくぐって行く。
上から滑って来た人と、下から登って来た人に出会った。
上から来た人は6時に駐車場を出発して、大崩山まで行って来たそうだ。
下から来た人はこれから大崩まで行くとのこと。
しかも、この2人は知り合いだった。
この辺りは庭のような感じ。
今日はかもしかから乗鞍は山頂までは無理そうだし、こちらも大崩から猫はガスに巻かれるから大崩山までがいいよって話してみえた。
私達も照準を大崩山ってことに決めた。
7_20140310100548e77.jpg

夫婦松に11時45分。少し時間がかかりすぎたかな?
8_201403101005505f0.jpg

以前引き返したところに着いた。
13時。
ここでバンビは待っていると言う。
たぶん後1時間くらいだよと言うが待っていると言うので、場所も特定できるし14時半には戻るからと言って出発した。

森林限界に近くなっているはずだがまだまだ大木がいっぱい…
雪もどんどん降ってきた。
9_20140310100551781.jpg

デイジーの速さについて行けないけど、黙々と歩いた。あと1時間あと1時間…て感じかな?
10_201403101005527d7.jpg

デイジーが止まっている。時間は14時10分。
森林も少なくなってそろそろ山頂?
11_20140310100553308.jpg

デイジーはシールをとっていた。
上から先ほどの方が滑って来たので、ちょこっと話。
もうすぐだよ山頂は。って
20秒も滑ってないからほんとすぐだよって。

デイジーは、下で仲間が待っているから、14時半には戻るからって言ってあるので。って
そうだね。もうほとんど山頂だし、山頂に行っても猫岳が見えるわけでもないし。
11-1.jpg

記念撮影
12_20140310100532ba4.jpg

13_201403101005339e6.jpg

ここからちょこっと右へ
15_20140310100534859.jpg

16_201403101005360b9.jpg
ふわふわのすごくいい斜面だ!
感激感激!!!
登ってよかったね~

ほどなくスカイラインに出て、しばらくしてバンビと合流。

それからもパウダーを満喫だ
17_20140310100506b74.jpg

18_20140310100508630.jpg

下手な私でも充分満足の雪でしたょ
でも…
ここは下に林道のあるところ
ちょうど下にはなにかの穴が…なんとしても斜めって滑らねば…
みんなして滑った後は雪が削れて大変なことに…しかも固い!
足の下はありません(T_T)
19_20140310100509bfb.jpg
なんとか横滑りに降りました。1番の核心部???

駐車場に16時に着いたね。
今度のパウダー狙いはもう30分早く家を出よう。

今夜はいつもの青葉荘。
宿泊者限定でMt.乗鞍のリフト券が半額だ。

翌9日
今日の乗鞍は大風が吹いている。
20_20140310100510f8f.jpg

ツアーコース入口の様子
21_201403101005118dd.jpg

今日は12時半までゲレンデを滑った。
コブの練習やそれぞれに課題を持って?練習。

2日間雪三昧で楽しかったね。
この先まだまだパウダーはあるのかな?
タグ :

関温泉スキー場オフピステ

 2014-02-11
2014年2月9日(日)~11日(火)   参加者 デイジー・バンビ・しんちゃん

2月8日は多治見でもこの冬初の積雪だった。
その日は昨年会に入ったシンバとデイジーと私で風越山に行く予定だったが、登山口への林道で凍った道の上のたくさんの雪にあえなく敗退。
19号での多くの車の事故を見ただけで帰ってきた。
もうその頃から高速は止まっていて、明日の新潟入りはどう行く?というのが話題だった。

翌朝はもうすっかりのんびりムードで、飯田から更埴まで止まっているから、富山周りでのんびり行くか~
ということになり、8時に出発した。

途中で伊奈から伊北を残して解除されたけど、もうすでに富山方面
1時過ぎには海が見えるところまで来ていた。
でもこちらは雪が少ない…
1_20140213235046155.jpg

しかも、まさかの雨
2_20140213235047c26.jpg

中郷ICを降りたらやっと雪景色…ほっ
3_2014021323504930c.jpg

今回は関温泉に近い休暇村に宿泊だ。
荷物を置いて早速偵察に…
ホテルのゲレンデのリフトに乗って
4_201402132350281d0.jpg

少し登り坂を行って関温泉スキー場のリフトに乗りついで
5_20140213235030d3e.jpg

そこから滑ります。
こんなガスガスの16時。当然雪はふわっふわっ
6_20140213235032d0d.jpg

とりあえず温泉もお酒も待っていることなので、これで戻ります。
この休暇村は、今回3人なので1人8000円。けっこう豪華な食事でしかも美味しかった。

翌2/10

妙高が綺麗です。行きたいと思っている藤巻山への通過点三角も綺麗です。でも雪が少ないような…
7_20140213235033dbf.jpg

関温泉スキー場で話を聞くと、今年は雪が少なく今日もガイドが入って行くようだけど、あまりお勧めはできないらしい。
まずは旧ゲレンデ方面でもいいかなってことで、上のリフトが動くまでこのスキー場の周辺のやまの中を滑ろうと1日券を購入。
8_20140213235035fa9.jpg

ゲレンデは圧雪していなくて、周りの林の中も入れるのでいろいろ滑ってみる。
上のリフトはなかなか動かなくて、11時近くにやっと動き出した。
9_201402132350060c3.jpg

リフトを降りてさらに上に行ってシールを着ける。
10_20140213235008917.jpg

途中の開けたところから妙高が綺麗だ。
11_201402132350092bb.jpg

12時。馬の背辺りでシールをとって、いよいよ林の中へ
12_201402132350118a8.jpg


13_20140213235012f58.jpg

14_20140213234946421.jpg

15_20140213234947df4.jpg

旧のゲレンデまで静かな林の中をふわふわの雪に大満足

ゲレンデまで戻ってパスタを食べて、再び上のリフトに乗ってBCへ
16_20140213234949286.jpg

15時近くに今日は終了。

2泊目の今夜は辛口の効き酒をチョイス
17_201402132349507a3.jpg

18_201402132349516e1.jpg
ご飯ものと汁物とデザートは、バイキングなのでいろいろな郷土料理が好きな量食べれて良かった。お勧めです。

最後の2/11

朝はまずまずの天気
19_2014021323491861f.jpg

しかし、関温泉スキー場まで来たらこんなガスガスです。
20_20140213234920edf.jpg

それでも1日券を買って(7回乗ると同じ)あちらこちらの林の中を滑ります。
なかなか南向きの斜面はすっかりもなかで重くがちがちのところもあって難しいけど、北向きの斜面はまだまだいい雪でした。
上のリフトに11時頃乗ってBCへ
それでも上に行ったら晴れ間もあって
21_20140213234922788.jpg

途中妙高も顔を見せてくれました
22_20140213234923db6.jpg

再び林の中を重い雪と闘いながら、滑ります。
旧ゲレンデは思いのほかいい雪で、それはそれで楽しむことができましたよ。
23_201402132349248a7.jpg

2月だというのに気温は高く、それでも雪は降ってくれたので楽しむことができました。
重い雪もパウダーも経験できたですね。
休暇村は食事がとても美味しくて、お勧めです。
また、今度は藤巻山の方へ行けるように来たいと思います。
タグ :

大日ヶ岳BC

 2014-01-25
2014年1月25日(土)  参加者 デイジー・しんちゃん

6日前に来た大日に、2匹目のドジョウがいるかしらと、再びやってきました。
でも、このところ晴晴…

しかも、今日はすっかり暖かく…

7時半に駐車場に着いた。今日はけっこうすいている。
8時には山頂駅に着いた。先行者は3名のパーティ。
1_20140127221746472.jpg

山頂方面はガスがいっぱい。せっぴも。
2_20140127221747b29.jpg

9時に山頂
4_201401272217487d8.jpg

かわいい顔です。あんまり見たことがなかったけど、今日は会えました。
5_20140127221750b35.jpg

まずは直下から1本。
6_20140127221727ffe.jpg

ガスが出てきて、どんどん行ってしまうデイジーを見失わないよう必死です

そこそこ降りて、前大日の方の稜線方面をみると…
なんと、かもしかです。

わかりますか?うぅ…ん  黒い小さな塊ですが…

先週のかもしか君でしょうか?
今日もラッセルしてました。
7_20140127221728c98.jpg

そこから前大日方向に登り返し、
稜線はガスで真っ白
今度は前大日のコルから先週のラインで1本

もう一度同じところに登り返し、
前大日てっぺんから1本
8_20140127221729510.jpg

9_201401272217315c7.jpg

10_20140127221732189.jpg

最後に稜線まで登り返して、山頂駅目指して滑りました。
スキー場は足が疲れた~

今日は斜面の南向きはもなか、北向きはパウダーで、ところどころ重い雪でした。
滑っていてもガスで雪面が見にくく凹凸にびっくりすることも。
でも楽しかった~(*^_^*)
タグ :

大日ヶ岳 県連救助隊訓練 山スキー交流会

 2014-01-19
2014年1月19日(日)  バンビ・デイジー・しんちゃん+TOKIアルパイン6名+大垣2名+多治見1名

初の県連救助隊訓練の山スキー交流会
総勢12名、雪のふる大日ヶ岳で行った。

雪はどんどん降る。でもあんまり積雪は多くなさそう

002_20140123005829e61.jpg

012_20140123005830053.jpg

このノートラックを滑らなきゃってことで、早々に用意
あそこの広いところまで降りて、訓練ね。ってことで。
016_20140123005831218.jpg

斜面を掘って弱層のテスト

021_20140123005833657.jpg

雪洞も
030_20140123005812b69.jpg


035_20140123005813165.jpg


042_20140123005814822.jpg

スキーで上から刺激を与えたら、見事にこんな…
046_2014012300581528a.jpg


050_201401230058169bd.jpg


052_201401230057483ee.jpg


057_201401230057500ff.jpg


059_20140123005751d12.jpg

この後登り返して滑り、
今度はゲレンデ方面に登り返して滑った

尾根に登って後続をまっていたら、向こうの斜面をかもしか君が…

木の芽?を食べに、猛烈なラッセルをしていた。
あっこはおうちなんかな?
064_2014012300575281d.jpg

065_2014012300575336a.jpg

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。